人気が出ている資格とは

工事やメンテナンスができる

電気工事士とは、自家用電気工作物や一般用電気工作物の工事を行うための専門的な技術や知識を持っている人に与えられる資格です。
人間が日常生活を送る上で、電気の存在は欠かせません。
一般住宅や、ビルにも必ず備わっていると思います。
しかし電気の工事やメンテナンスができるのは、電気工事士の資格を持っている人だけです。

持っていない人が勝手に配電設備をいじったり、メンテナンスを行ったりすると危険な事故が起こってしまいます。
資格を持っている人だって、油断しないでください。
覚えた知識やこれまでの経験を活かして、安全に電気工事を行いましょう。
さらに電気工事士の資格が人気である理由には、難易度がそれほど高くないことも含まれています。

主任になって働こう

キャリアアップするためにも、資格が必要です。
電気関係の工事でキャリアアップすることを目指しているなら、電気主任技術者の資格を獲得してください。
これは電気設備の運転や検査を行ったり、工事の業務をする中で安全が守られているか監視したり、問題があった場合は指導できる立場の資格になります。
電気工事を進める上で問題があったらいけないので、的確な指示を出さなければいけません。

電気主任技術者には、3つの種類があります。
1種は電力会社で2種は大規模な電気設備がある事業所、3種はそれ以外の一般的な事業所というように扱える設備が異なります。
たくさんの仕事に携われるように全ての資格を獲得しても良いですが、合格率が10パーセントほどなので難しいです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る