比較的簡単だと言われる

全ての工事を管理できる

様々な建築工事をまとめる施工管理を行うのが、建築施工管理技士の仕事です。
資格がなければできない仕事なので、すみやかに獲得してください。
建設工事には建築一式工事や大工工事などたくさんの種類がありますが、建築施工管理技士の資格さえあれば、その全ての施工管理を担当することができます。
そのため持っていれば、役立つ場面が多いでしょう。

建築施工管理技士の資格は、1級と2級があります。
合格率は30パーセントから50パーセントほどと、他の資格に比べて難易度が低いです。
余裕があれば、1級と2級の2種類の資格を獲得しておきましょう。
するとよりたくさんの知識を持っており、自分は優秀な人物だと手っ取り早くアピールできます。

道路や橋を作る仕事

近年需要が高まっている資格が、土木施工管理技士になります。
こちらは河川や道路を工事する時や、橋を作ったりする時の施工管理を行える資格です。
土木施工管理技士になったら、どうすれば安全に工事を進められるのか考えてください。
責任感が大きい仕事を担当しますが、それだけやりがいも増え、高いモチベーションで常に仕事に向かえるでしょう。

土木施工管理技士の試験は、学科と実地の試験があります。
学科の合格率は50パーセントから60パーセントで、実地は30パーセントから40パーセント程度と言われています。
土木施工管理技士の資格も難しいものではないので、早めに獲得しておきましょう。
就職だけでなく、転職する時も資格が役立ちます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る