おすすめリンク

電動ハンドリフトを導入するメリット

使い勝手の良さで支持されている電動ハンドリフトは、どんな環境で活躍しているのでしょうか。

建築パースの種類

室内や外観、ラフやCGなど建築パースにも色々あります。建築パースについての基本的知識を押さえよう。

建築に関する知識を深める

工事に関係する仕事に就きたいと考えているなら、一級建築士の資格を獲得することをおすすめします。
一級建築士は、規模や構造形式、さらに材料を問わないで何でも設計できると認められた資格になります。
獲得するためには建物の構造や設備の知識が必要なので、難易度が非常に高いと言われています。
たくさん勉強して、獲得してください。
通信講座などを利用して、資格の勉強をするのも良い方法です。

建築施工管理技士は、工事をまとめる施工管理ができるようになります。
合格率は30パーセントから50パーセントと言われ、そこまで難しいものではありません。
土木施工管理技士の資格も、持っていた方が良いと言われています。
河川や道路などの土木工事をする時に作業の工程を考えたり、安全管理を行ったりする仕事を行います。
試験では学科だけでなく実地も行われるので、両方の勉強に取り組んでください。

配線設備を工事したりメンテナンスを行ったりするために必要なのが、電気工事士の資格です。
この資格がないと、電気工事に関わることができません。
必要性が高まっており、人気の資格です。
こちらも難しい資格ではないので、ぜひ獲得しておきましょう。
キャリアアップを目指すなら、電気主任技術者の資格を持つことをおすすめします。
電気主任技術者の資格は全部で3種あり、それぞれによって扱える設備が変わります。
しかし合格率が10パーセント程度と、非常に難しいと覚えておきましょう。

スムーズに就職できるように

全く経験がなかったり、資格を持っていなかったりする状態だと採用されるのが難しくなります。 自分は即戦力になる、会社にとって役に立つとアピールできるように資格を獲得してください。 工事関係の仕事を目指しているなら、一級建築士の資格が役立つのでおすすめです。

比較的簡単だと言われる

難しい資格の取得は後回しにして、とりあえず簡単な資格から獲得したいと考えている人は、建築施工管理技士の資格を得てください。 さらに土木施工管理技士も、そこまで難しいものではありません。 基本を抑えていれば合格できるので、就職する時に役立ててください。

人気が出ている資格とは

電気工事に関する仕事に携われるように、電気工事士の資格を得るのがおすすめです。 世の中には様々な工事がありますが、電気工事は専門の資格を持っている人しかできないと決まっています。 どんな工事でも担当できるように、様々な種類の資格を持っておくと安心ですね。

▲ページTOPへ戻る